INFORMATION

  • LIVE2018.03.05

    「N.Flying 1st ONE MAN LIVE IN JAPAN -THE REAL-」ライブレポート公開!

    N.Flyingが日本初ワンマンライブで3月5日に入隊するヨンファ(CNBLUE)に演奏ではなむけ
    NFE58699E79C9F3.jpg

    韓国出身の5人組ロックバンド、N.Flying(エヌフライング)が、3月3日、東京・TSUTAYA O-EASTで、初の日本ワンマンライブ『N.Flying 1st ONE MAN LIVE IN JAPAN -THE REAL-』を開催し、若さと勢いあふれる雄姿を見せた。

    N.Flyingは、FTISLANDやCNBLUEらを有する韓国のFNCエンタテインメントに所属するイ・スンヒョプ(ボーカル&ラップ)、クォン・グァンジン(ベース)、チャ・フン(ギター)、キム・ジェヒョン(ドラム)、ユ・フェスン(ボーカル)から成るバンドで、ラップ×ロックを取り入れた楽曲スタイルから“ニュー・トレンド・バンド”と称されている。2013年にフェスンを除く4人組として日本でインディーズ活動を開始し、2015年5月「ギガマッキョ」で韓国デビュー。2016年2月には、日本メジャーデビューも果たした。2017年には韓国で一大ブームを巻き起こしたデビューサバイバル番組『PRODUCE101 Season2』に出演し、そのボーカル力が話題となったフェスンが加入したことで、韓国での人気、注目度が高まった。そんな本国での活躍と初ワンマンという記念もあって、この日のO-EASTのフロアは満杯。オープニングナンバーの「R U Ready?」からメンバーもファンもテンションマックスでライブは進んだ。

    「初ワンマンにようこそ! 今日を待ってました」といっぱいの客席を見渡し興奮気味に話し出すリーダー、スンヒョプ。「ついにこの日が来ました」というチャ・フンの言葉を受けドラマーのジェヒョンは、「(ポジションの)後ろから客席を見ながら、今日、最高の、イチバン、ゼッタイ、ステキなステージを作りたいって思ってました」とこのライブに懸ける熱い想いを語ると、「今日、最高のステージを作りたいです! みなさん、準備はいいですか?」と会場を盛り上げるスンヒョプ。その歓声の中、韓国最新活動曲「Hot Potato」がスタートすると、ファンの歓声はさらに大きくなる。韓国語曲だが、イントロのセリフが「フェスン、何になりたいですか?」、「じゃがいも、熱いじゃがいも!」という日本語に変わっており、ファンも大喜び。“アツアツのじゃがいものようなホットな存在になりたい”と歌うこの曲では、「N.Flying、Hot!」というファンのコールもバッチリ。

    攻めの曲が続いた後に「Can’t Be Better」から歌を聴かせるミドルテンポの楽曲が続くと、フェスンの加入でツインボーカルとしてのハーモニーや掛け合いの美しい曲も増え、N.Flyingの新しいカラーが、より明確になってきたのを感じさせる。もちろん、スンヒョプのラップをロックに乗せたミクスチャー色の強い懐かしのインディーズ時代の曲も披露されたが、初期の楽曲でもフェスンのハイトーンのシャウトやハモりが彩を添え、よく知る曲でも新しさを感じさせた。

    中盤では事務所の先輩であるCNBLUEの楽曲をカバー。「僕たちが大好きな先輩です。これからあまり会えなくなるのが悲しくて準備しました。みなさん、一緒に歌ってください」と3月5日にメインボーカルのヨンファが入隊するCNBLUEへのはなむけを演奏に込める。CNBLUEよりちょっと重めのビートから紡がれる「Between Us」では、CNBLUEのギターのジョンヒョンが歌うパートをギターのチャ・フンが歌い、「Coffee shop」ではイントロから完全コピー、「I’m sorry」ではヨンファの“モラゴダンス”をスンヒョプ、ジェヒョンが真似たりと、先輩に対するオマージュがあちらこちらに感じられる。「Coffee shop」の歌中ではスンヒョプとフェスンの寸劇や、グァンジンを含めた3人でコミカルなダンスを踊ったりメンバーたちも楽しんでいたが、シングアロングやコールなど、ファンのレスポンスも完璧。あまりの盛り上がりにボーカルのスンヒョプがペットボトルの水を浴びて熱く歌い上げると、ラストはヨンファ顔負けのフェスンの高音シャウトが締めくくった。

    MCもすべて日本語でこなす。「すごくHappyです! 初ライブにこんなにたくさん来てくれて、こんなに応援してくれて、僕たちは幸せ者です!」とフェスンが笑顔で言うと、「この気持ちを忘れずに、これからもっと頑張りますので、応援、よろしくお願いします!」とリーダーのスンヒョプも感謝を伝え、ラストパートを「All in」~「Knock Knock」という日本デビュー曲で盛り上げると、「最後の曲です、全力で行きまーす!」とフェスンのデビュー曲となった「The Real」に突入。新生N.Flyingの幕開けを告げたこの曲で盛り上がりも最高潮に。その熱さにフェスンも水をかぶり、客席に水しぶきを振りまきながらラップにボーカルに熱唱を見せた。

    アンコールに登場すると、「今日、楽しかったです。全部みなさんのおかげです。このライブが決まってから本番までずっとワクワクしていました」というチャ・フン。「この日のために、毎日12時間練習しました。それほどこのステージが大事でした」とグァンジンが真面目に言えば、ジェヒョンが「初のワンマンライブが、僕たちとみなさんの中で、いい思い出になるとうれしいです。これからもヨロシクね~♪」とおどけて笑わせる。新メンバーのフェスンは「N.Flyingのメンバーになってから、初めてのことばかり。みなさんのおかげです。もっと良いライブができるように頑張ります!」と意気込みを伝えると、リーダーのスンヒョプが「僕たちは音楽が好きで、ライブが好きでたまらないグループ。僕たちの居場所はステージです。いつも僕たちの前にはみなさんがいるから心強い。今日は大切な思い出を作ってくれて本当にありがとうございます。これからもたくさん会いに来ます、待っていてください!」と力強く宣言すると、大きな拍手が上がった。

    ボーカルのフェスンが加入してから、日本ではFTISLNAD、CNBLUEの武道館公演のオープニングアクトなどで大舞台を経験してきたが、N.Flyingにとっては初のワンマンライブであり、フェスンにとっては初のライブハウス公演。1ステージごとに演奏力もチームワークも着実に上がっていくのを感じていたが、このライブは、その結実。初ワンマンとは思えぬ充実した攻めのライブを見せてくれた。フェスンという抜群のボーカリストの加入でツインボーカルという武器を手に入れただけでなく、N.Flyingらしさでもあるスンヒョプのラップを一層引き立たせる相乗効果を得た。これまでコーラスパートを担当していたグァンジンがベースに専念できるようになり、演奏力も格段にアップし、バンドとしての成長も著しい。加えてフェスンの持つ明るさがN.Flyingの楽曲やムードを次の次元に引き上げてくれた印象も大きい。フェスンというラッキーボーイの加入で加速度的に良い方向に進んでいる彼らが、これから日本でどんなライブを見せてくれるかを期待したい。

    <Setlist>
    M01 R U Ready?
    M02 Say Goodbye
    M03 ギガマッキョ(JP ver)
    M04 Hot Potato
    M05 Can't Be Better
    M06 Just One Day
    M07 Don't Mess With Me
    M08 Basket
    M09 One N Only(ENG ver)
    M10 Bitter Sweet
    M11 Between Us(CNBLUE cover)
    M12 Coffee shop(CNBLUE cover)
    M13 I'm sorry(CNBLUE cover)
    M14 All in(JP ver)
    M15 Knock Knock(JP ver)
    M16 The Real
    EN01 Don't Forget This
    EN02 Lonely(KR ver)
    EN03 Endless Summer


    NFE58699E79C9F4.jpg

一覧に戻る

page top